2009年03月22日

玉垣先生を囲む会

090322_tamagaki神奈リハでご活躍されてきた、立派なおひげがトレードマーク?の玉垣先生が4月から大学の教員に転借されるとのことで… 横浜クルーズクルーズレッツさんとの共催による「玉垣先生を囲む会」を行いました。実は「お別れ会」も当会で3,4回目だとか。(^^;) 先生のお人柄でしょうか。残念なことに七沢からまた名物先生が去っていくというのは寂しい限りです。

3連休の最終日、ひどい風雨でどうなることかと心配しましたが、参加者は22名、なんとか無事に集まりました。先生自身も語られていましたが、25年の在職中に頸損だけでも200〜300人と関わられてきたそうです。私もその中のひとり。初めてお会いしたのは私が更正ホームにいた頃で、よくお話ししたのを覚えています。私以外にも、はるばる千葉から来られて「先生と関わらなければ、もしかしたら寝たきりだったかもしれない」という方や、「先生には本当にお世話になった」と涙ながらに語られる母親もいて… これほど患者思いの先生も珍しいかもしれません。

玉垣先生ご自身は熱意のあまり他の職場ともやり合ったことがあるらしく「面倒な人物が消えて、ほっとしている人もいるのではないか」と冗談混じりに言っていました(笑)また、花束とプレゼント贈呈の後、挨拶の中で「現場を離れることは自分のスキル(技量)が落ちるのではないかと心配している」とお話しされていたことには職人気質のような印象も感じました。なにはともあれ新たな出発。新天地でも是非ご活躍されますことを!皆で応援しています。長い間ありがとうございました。

k_sonet at 22:40│Comments(0)clip!活動報告 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔